めだか水槽

画像
画像
2ヶ月ほどまえのことですが。。。
妻が会社の同僚から「めだか」をもらう約束してきました。
でも家には設備がまったくありません。
そこでとりあえず水槽を買いに行くことになりました。
でも妻も私も魚類は初めての飼育。
まあ、妻が飼うわけだし、そのうち死んじゃうかもしれないし、水槽はセットで一番安いのでいいよね?
砂利はとりあえず何キロ買えばいいかわからんけどこんなもんだよね?
エサはなんでもいいっていってたしセットでついてくるからいらないよね?
水草はとりあえず1つでもあればいいしこれでいんじゃない?
家に帰ってから水槽あらえってかいてあるから水で軽く洗い、砂利を洗い、水草はポットのまま投入。
砂利が水槽の4分の1あるがまあいっか?
ってなわけでテキトーに購入、テキトーに設置。
次の日、同僚がめだか(稚魚3匹)をもってきてくれたのでしばらくなじませてから水槽に投入。(5匹ぐらいいたらしいが、車で移送中水がこぼれ3匹になたようだ。)
で、水槽にいれてから翌日1匹少なくなってる。
どこいった?
同僚に話したところ、最初から3匹じゃ少ないということで追加で5匹もらうことになった。
で、また水あわせをテキトーにして水槽に投入。
7匹いるとそれなりににぎやか。
でも。。。。
毎日1匹づついなくなる?
どうして???
空気が足りない?
ホームページでエアストーンを物色。
いぶきのエアストーンがよさそうだったのでポンプとセットで購入。
めだかよりエアーみてるほうが癒される。
初めて購入した水草はアナカリス(かなりでかい)だが、その先っぽでガラスとの間に挟まれている稚魚を発見。
どうしてそんなところにはさまれてるんだ?
まあそのうちでてくるだろうと放置。
で、次の日また1匹いない。
しばらく観察するとまたアナカリスにはさまれた稚魚を発見。
今度は手でアナカリスをどかし、救助成功!
でもまた次の日1匹いない。
アナカリスが水槽を対角線上に伸びているからいけないのか?
とりあえず切ってさしとけばいいか?
それからしばらくして購入したアナカリスは解けて抜けた。
なぜ?
しかたなく購入したアナカリスは除去。
めだかをもらったときに一緒にもらったアナカリス(細い)がまだあったのでこれを植えた。
その後不気味な物体発見。調べたところヤゴであった。
よくわからないので放置していたが、よろしくないとの話もあるので除去。
ということで最終的にのこった(おちついた)のは3匹。
しばらくこのままだったかやっぱり寂しい。
ならばということでもう一度同僚のお願いして稚魚を3匹もらったが、残った3匹とサイズがかなり違う。
食べられないように水槽内水槽(ペットボトルを加工したもの)に隔離して投入。
それからどんどん成長したのでペットボトルをはずして様子見。
6匹元気に成長中。
またしばらくするとアナカリスが茶色になってきた。
コケか?
じゃあということでミナミヌマエビ10匹購入しとりあえず5匹投入。
あとはバケツに・・・とおもっていたらバケツのなかで動かなくなってる。
つっついたらころがった。
酸欠?
いそいで水槽に投入。
いつのまにやらエビ水槽になっている。。。
今度は日に日にエビが少なくなっている。
さらにもらったアナカリスはかじられている。
エビのエサが必要みたいだ。
なのでウイローモスを購入。
投入したがミナミヌマエビの食欲に負け、アナカリスは禿山を思わせる風景に。。。
水槽が閑散となった。
これじゃあいかんということでプレコ用のエサを購入。
水草の光合成用にとライト購入。
CO2がいいということで手軽なイースト菌発酵にチャレンジ。
それでも閑散としたアナカリスは育たない。
それならばと今度は多めに水草を購入。
・・・と気がつくとはまっているのは私。。。
いつのまにやら設備が充実しはじめている。
本当に小さな水槽なのに、エアストーンは数種類。
照明用ライトや水草用ピンセットに砂利スコップ。
そう。凝り性なのである。程度極めないときがすまないらしい。
いまは水草をどのようにうまく育てるか??
そんなわけで水槽の日記用にとブログ立ち上げてみました。
読んでくれる人へ。。。
たぶん写真ばかりになると思います。























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック